学習院女子大学リレー講義:東日本の復興と学術

9月26日(月)にリレー講義がキックオフしました。学習院女子大学の教授陣が22の授業で、各々の学術研究をもとに、東日本とその復興についてお話しされます。、なかなか聴けない貴重なご講義内容、先生方のコメント・想い、受講生の感想等をアップしてゆきます。

 

 

○ 9月26日(月) 畠山圭一教授 「非常事態と国家―国際政治の観点から見た東日本大震災の教訓」

 

○ 10月4日(火) 根占献一教授 「東西における自然災害の史的意義」

 

○ 10月5日(水) 伊藤守幸教授 「平安文学に描かれた天変地異」

 

○ 10月12日(水) 金野純専任講師 「震災を通してみる日中関係: 歴史と現在」

 

○ 10月19日(水) 徳田和夫教授 「災害と復興をめぐる民俗文化」

 

○ 10月26日(水) 江藤正己専任講師 「震災とウェブサービス」

 

○ 11月4日(金) 品川明教授 「東日本大震災後の日本の食に関わる意識改革」

 

○ 11月8日(火) 福島直恭教授 「近代日本の標準語政策と東北地方」

 

○ 11月11日(金) 青木陽介氏 「東日本大震災:その科学的メカニズムと今後の地震・津波対策のありかた」

 

○ 11月16日(水) 櫻井大三准教授 「国際法からみた福島第一原子力発電所の事故」

 

○ 11月30日(水) 江口泰広教授 「企業のマーケティング活動と東日本災害」

 

○ 12月8日(木) 武井彩佳准教授 「ドイツの脱原発」

 

○ 12月12日(月) 石澤靖治教授 「大震災と海外」

 

○ 12月13日(火) 松尾美恵子教授 「江戸時代の災害と幕府」

 

○ 12月21日(水) ウーゴ・ミズコ准教授 「震災を受けた文化遺産の保護」

 

○ 1月11日(水) トヨタ自動車(株)張富士夫取締役会長 「企業・社会と東日本災害」

 

○ 1月20日(金) 中島崇文准教授 「冷静後、強まる東欧と日本の絆」

 

○ 1月20日(金) 時安邦治准教授 「ナショナリティについて」

 

 

 

 

●●●リレー講義は、終了しました。多くの方々のご聴講、ありがとうございました。●●●

 

 


概要 | サイトマップ
Copyright (c) 2011 Tsunagaru WA Campaign ALL Rights Reserved.